PSVitaは売れる!?売れない!? それぞれの経済アナリストに聞いてみた:左から右へてけと~読み
ゲームやアニメ、ニコニコ動画などの情報、また、その他の巷で話題なものを とりあげていくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PSVitaは売れる!?売れない!? それぞれの経済アナリストに聞いてみた

imagesCA07GQEL.jpg

続いて、ヴィータの話題

ソニーの「ヴィータ」に値下げ圧力、任天堂「3DS」に追随期待も

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=aZrg_o9.Aetc

8月5日(ブルームバーグ):ソニーの次世代型携帯ゲーム機「プレイステーション ヴィータ(Vita)」の価格は「とても高い」――。東京都在住の会社員、武田征之さん(36)はヴィータを発売日当日に買うつもりはない。任天堂が発売からわずか半年弱で携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を値下げしたため、しばらく様子を見るつもりだ。

  年末に国内発売する予定のヴィータの価格は無線LAN(域内通信網)のWiFi回線モデルが2万4980円、第3世代(3G)回線も利用できるモデルで2万9980円。一方、任天堂は3DSの希望価格を8月11日から1万円下げて1万5000円にした。最大2倍の価格差がある。

  武田さんは「ニンテンドーDS」と「プレイステーション・ポータブル(PSP)」をすでに保有。この2機種で「ほとんどのゲームを楽しめる」ため、値段の高さに加え、これといって新機種を買う理由もないと話す。2台目や3台目として買い足す人にとっては、特にヴィータの価格を高く感じ、購入に慎重になるのは無理もないかもしれない。

  エース経済研究所の安田秀樹アナリストは「3DS値下げの後だけに、ゲーマーのヴィータに対する値下げ期待は高まっている」と指摘。ただ値下げするとなると、「今の価格でも逆ザヤ状態であり、赤字が増えて自分の首を絞めることになる」と述べ、「値下げもなかなか難しく、ヴィータは失敗する可能性がある」との見方を示した。

        ヴィータは「値下げの必要なし」

  平井一夫副社長は4日、記者団に対し、ヴィータは「とてもいい製品で手ごろな価格だ」と述べ、「値下げする必要はない」との考えを示した。先月28日に会見した任天堂の岩田聡社長は、3DSの値下げに踏み切った背景について「相当思い切った手段が必要と考えた」と説明。3DSの販売不振により、今期の純利益予想を従来予想の2割弱となる200億円に下方修正もした。発表翌日の任天堂株価はストップ安(値幅制限いっぱいの下落)を付けるほど売られた。

  大和証券キャピタル・マーケッツの白石幸毅アナリストは、ヴィータをPSPよりも一つ格上のハードウェアと位置付けたいソニーにとってみれば、値下げして割安感が強まった3DSは「邪魔な存在かもしれない」と語る。

            ソフトが決め手

  平井副社長は、ヴィータの販売時期について日本は年内、欧米では年明けになることを明らかにしたが、販売台数や専用ソフトなど詳細は公表しなかった。専用ソフトなどは、独ケルンで8月に開かれるゲームイベントや9月の東京ゲームショウで発表する、という。

  SMBC日興証券の三浦和晴アナリストの想定では、12年3月期にヴィータの販売は250万台で、1台あたり約5000円の赤字が発生する。ソフトは700万本を見込む。13年3月期には赤字額は2500円に半減するが、ハード販売が850万台になるため、赤字額自体は増えると予想する。同期のソフト販売は2800万本と見積もっている。

  三浦氏は、ヴィータに「面白いソフトが発売されなければ、販売台数を下方修正しなければならないリスクがある」という。エース経済研究所の安田氏は「ヴィータの売りの1つである解像度の高さはソフト開発者の悩みの種で、開発に時間も人手がかかる」といい、「ハードそのものが売れるかどうかわからないなか、ソフト開発会社も腰が引けてしまって作りにくくなってしまうのではないか」と懸念する。

           3DSとは違う道も

  白石氏は「ヴィータと3DSではターゲットとするユーザーが異なるため、3DSの値下げがそれほど大きなインパクトにはならない」とも述べており、市場には同様の声もある。少し重なりはあるものの、ヴィータはコアゲーマーで、3DSのほうがより一般的な幅広いユーザーが対象だからだ。

  野村証券金融経済研究所の御子柴史郎アナリストも「ヴィータのターゲットは良い製品であれば、それなりに高くても購入する層。3DSとの価格差うんぬんで買うのを止めたり、値下げを狙って買い控えたりすることもさほどないのでは」と言い、「3DSの値下げがヴィータの立ち上がりに水を掛けることはない」との見方を示す。

  御子柴氏はまた、「ソニーはヴィータで価格にも景気にもさほど左右されない、コアゲーマーを狙っていくべきで、量ではなく、高価格を維持できれば、それも1つの戦略」との考えを示している。




それぞれ見解が違うのは当然として、只唯一共通なのは「どっちのハードもコケるとゲーム業界が死ぬ」ってことだと思う。今の日本市場にハードがコケても大丈夫なほどの余力が残されてるとは思えないな~。もちろん、ソフトメーカー側がって意味で。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/13 20:44 ] ゲームハード関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

中の人

ぼむぼむ3

Author:ぼむぼむ3
立ち上げ: 2011/6/27

ゲームやアニメ、ニコ動などの情報・また、巷で話題の情報も取り上げていきます

まだまだブログ初心者ですがよろしくです


ツイッターでもブログ更新情報確認できます!



http://twitter.com/bombomu



よろしければフォローなど御願いします!!

カレンダー(クリックでその日の記事)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたー
最新記事
CustomRssReader
スポンサード・リンク




便利ツール

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。