岩田社長、宮本専務などがこの度の営業損失を顧み、役員報酬を大幅カットへ(岩田社長は50%カット):左から右へてけと~読み
ゲームやアニメ、ニコニコ動画などの情報、また、その他の巷で話題なものを とりあげていくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岩田社長、宮本専務などがこの度の営業損失を顧み、役員報酬を大幅カットへ(岩田社長は50%カット)

任天堂

うぉおおおお 猛省猛省

2011年7月29日(金)第1四半期決算説明会 任天堂株式会社

http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/110729/index.html

まず、値下げを決断した理由ですが、ニンテンドー3DSの発売前・発売直後と、現時点とでは、状況が大きく異なっていると認識したためです。

ゲームプラットフォームのビジネスにおきましては、勢いが非常に重要ですが、一度勢いが落ちてしまいますと、その流れを変えるためには大きな力が必要になります。

765ergfvbf.png


6月にロサンゼルスで開催されたE3で発表いたしましたように、年末にはニンテンドー3DS用に有力タイトルが複数控えており、ハードの普及を加速させることができると判断しておりましたが、足下の状況を踏まえ、ニンテンドー3DSをニンテンドーDSシリーズの後継プラットフォームとして本来の普及軌道に戻すためには、相当に思い切った手段が必要だと考え、今回の値下げを決断しました。
年末に予定されているような有力ソフトの無いこの時期にこのような値下げをしたことで、「任天堂は焦っているのではないか」という見方も一部にあるようです。

もちろん私たちのビジネスは年末偏重であり、今回の値下げのインパクトだけを考えるなら、有力ソフトが揃う時期に値下げをした方が理に適っており、それがむしろ定石という考えから、値下げをするなら年末あるいは秋以降と予想されていた方が多かったのではないかと思います。しかし、私たちが、この時期に値下げを決断したのには理由がございます。

まず、ニンテンドー3DSを発売してから私たちが認識したことのひとつに、この商品の魅力が伝わるのに、私たちの事前の想定よりも時間がかかっているということがあります。ニンテンドー3DSの内容を理解いただけたお客様には魅力をご評価いただいている手応えがありますが、それが必ずしも期待したスピードで広がってはおりません。この年末の有力ソフトの効果を最大化させるためには、その前に、今よりも相当多い台数のハードが普及し、新しいソフトの魅力が短期間でお客様の間に広がるような環境にしておかなければ、私たちの期待する爆発的な年末商戦にはならないと考えました。これがひとつの理由です。

もうひとつの理由は、普及に対する懸念を早期に払拭しておくことが、小売店様、そしてソフトメーカー様の今後の力の入れ方に大きな差が生じると考えたからです。世界中の小売店様は、夏商戦の結果を踏まえて、年末商戦の棚割りや力の入れ方を決められますし、ソフトメーカー様は、来年以降に発売されるソフトの開発チームをどのように割り当てるのかを今検討されております。ニンテンドー3DSの普及に対する懸念を払拭することは、来年以降の対応ソフトを充実させるために非常に重要になると考えています。事実、昨日の発表の後、当社で世界各地の流通様、ソフトメーカー様から当社担当者にフィードバックをいただいておりますが、総じてポジティブに受け止めていただいているという報告を受けております。

一言で申し上げますと、ニンテンドー3DSが、ニンテンドーDSの後継プラットフォームとして普及するためには、今思い切った手を講じる必要があると考えたということです。


このたびの営業損失の規模、ならびに中間期の配当が無配となってしまう見込みに対して一定のけじめをつけるため、昨日の取締役会で、取締役報酬の減額について決定いたしました。当社の取締役報酬は固定報酬と業績連動報酬で構成されており、通常の業績変動は業績連動報酬、いわゆる期末の役員賞与に反映され、減額されますが、今回の経営責任はより重いとの考えに基づき、今回は固定報酬額を減額することにしました。固定報酬枠削減幅は、社長の私が50%、他の代表取締役が30%、それ以外の取締役が20%といたしました。



●4gamers.netによる小売店調査
ちなみに,本件については任天堂からメディアへ向けてのリリースはなく,
さらに4Gamer編集部で販売店へ簡単なヒアリングを行ったところ,
バイヤーの各担当者は一様に驚きの声をあげていた。

販売店が知らないほどの思い切った値下げ戦略が
今後どういう結果を生むのか,動向に注目が集まりそうだ。


●忍之閻魔帳による流通調査
普通に考えれば、新色を投入するなら「スターフォックス」ではなく
「ゼルダの伝説」にタイミングを合わせるはずで、本体の値下げを行うにしても、
事前の出荷セーブや大手法人への内々の連絡は常識となっていた。
しかし今回は、何もかもが唐突過ぎる。
発売週になって「スーパーポケモンスクランブル」の出荷ストップをかけたり、
「フレアレッド」投入から1ヶ月も経たないうちに1万円も価格を引き下げたり、
寝耳に水のドタバタ劇に混乱させられっぱなしの流通からは、
かなり厳しい声も飛んでいるようだ。


8月11日の値下げ以降、価格の逆転現象が起きてしまう「DSi LL」や
3DSと同価格になってしまう「DSi」について何のアナウンスもないのを見ると、
細部を調整している暇がないほど、3DSのテコ入れが急務ということなのだろう。




流通さん、大困りですけどwww
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/30 15:18 ] 任天堂 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

中の人

ぼむぼむ3

Author:ぼむぼむ3
立ち上げ: 2011/6/27

ゲームやアニメ、ニコ動などの情報・また、巷で話題の情報も取り上げていきます

まだまだブログ初心者ですがよろしくです


ツイッターでもブログ更新情報確認できます!



http://twitter.com/bombomu



よろしければフォローなど御願いします!!

カレンダー(クリックでその日の記事)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたー
最新記事
CustomRssReader
スポンサード・リンク




便利ツール

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。