アマゾンが年内に電子書籍事業参入へ 小学館、集英社なども協力する模様:左から右へてけと~読み
ゲームやアニメ、ニコニコ動画などの情報、また、その他の巷で話題なものを とりあげていくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アマゾンが年内に電子書籍事業参入へ 小学館、集英社なども協力する模様

1020amazon.jpg

アマゾン、勢いがすごいな

1 名前: ライトスタッフ◎φ ★ 投稿日:2011/10/20(木) 10:59:34.22 ID:???

アマゾンが年内に電子書籍事業参入へ、Kindleも投入と日経がトップで報じる

http://news.livedoor.com/article/detail/5951794/

今日の日経朝刊のトップ、アマゾン、日本で電子書籍の記事をすでに多くの方がご覧になったかと思います。

主だった内容としては、アマゾンが小学館、集英社などと詰めの交渉に入っていて、年内にも日本語の電子書籍サイトを開設、スマホなどへの配信の他、キンドルも投入する構えで、すでにPHP研究所とは合意、約1000点の書籍を提供する予定で、講談社、新潮社とも交渉しており1~2ヶ月以内に数社との契約を目指していると報じていますね。

国内電子市場の拡大にこれが弾みになるのは確実で、日経が伝えるとおり、アマゾンはすでに電子書籍以前にクレジット決済顧客を大量に抱えておりこの顧客基盤は、ここ最近参入した国内電子書籍配信サイトは逆立ちしても敵いません。

これまで交渉が難航した理由のひとつに、電子書籍の価格設定決定権をアマゾンが握っていることを国内出版社が警戒したとありますが、ここには収益の分配モデルの問題も当然あって、現状米国アマゾンを通じてKindle Storeで電子書籍を配信しようとすると35% Royaltyか70% Royaltyのどちらかを選択することになりますが、日本展開にあたり、何かしらこれまでと違う選択方式が出てくるのか非常に気になるところです。










4 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:03:19.74 ID:QSts1NyZ
CQ出版様もビッグウェーブにのってほしい




5 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:03:45.77 ID:RFJ584PG [1/6]
また日経の飛ばし記事か。去年も言ってたな。

そういえば、去年のいまごろ、日本のアマでサービス開始するんで、あなたも本を出版してみませんか、って募集していた詐欺サイトはどうなったんだろ。




6 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:03:47.98 ID:cjTyyXvH
ガラパゴスオワタ




7 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:04:00.09 ID:N+mr+ibr [1/16]
-------ついに黒船キター!-------




9 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:08:29.69 ID:pyP5PCwX [1/2]
ほう、集英社もか




11 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:10:18.62 ID:tLJjnAi6 [1/2]
いずれにしてもAmazonが来るのは時間の問題だしな
無策の国内勢は時間切れアウトでしたっと。




13 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:10:44.88 ID:AnUTXJTV
あーあ
もう日本の電子書籍は
アメリカ勢に全部もっていかれるんだろうなぁ・・・




14 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:11:54.02 ID:6o7KVnNP [1/3]
外圧がないと、変われないって、本当にこの業界は情けないな。
既得権の塊のような業界だし。




15 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:11:55.68 ID:Ew57UV04
既得権益を守ろうとしてgdgdしている間に、市場を制覇されるいつも通りのパターンで安心しました




16 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:12:45.54 ID:YQiKt8YF [1/2]
OH, YES!!! 早く来て!
やっと日本語も紙の本買わなくて済む




17 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:12:56.89 ID:g1JRGf3E
遅いだろ

もっと早くに上陸してほしかった




20 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:13:18.37 ID:lRDZB/fn [1/2]
電子インクは魅力的だけど、読みやすさでは紙に敵わないんだよな。
最大のメリットは複数の書籍を持っても嵩張らない、重くならないってことだけど・・・
故障や置忘れのリスク、コンテンツの充実ぶりを考えると現状では文庫本圧勝だな。




28 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:18:21.44 ID:6o7KVnNP [2/3]
そもそもアマゾンが日本に参入したときは
j-bookなどの通販会社が沢山あったのに、一瞬でごぼう抜きされた。
今回の最後発なのに、一気に抜かれるだろう。

目の前に金が転がっているのに、拾わない日本企業は
何を考えているのかと。




31 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:18:57.30 ID:Uyl5TbCz
ジャンプが読めるようになるのか?




32 名前: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2011/10/20(木) 11:20:30.92 ID:VgOkcnaq
これやられると日本企業に対抗手段は無い
”自分だけ儲けたい”をやっている限り共倒れは避けられない









あとはコンテンツの値段だな。それが一番重要。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/20 22:50 ] ニュース | TB(0) | CM(1)
yutakarlson
Amazon、年内に電子書籍事業で日本市場参入―【私の論評】日本のメーカーや出版社もAmazonのように、顧客とのリレーシップを強化せよ!!
こんにちは。アマゾンの電子書籍日本進出、まさに日本の電子書籍メーカーや出版社にとって、黒船来襲だと思います。日本語の電子書籍の出版は、縦文字文化であり、しかも世界でも進んで裾野の広しエレクトロニクス、iT技術を持った日本が最も有利だったのではないかと思います。しかし、アップルや、グーグルそれに無論アマゾンも、日本語の壁を乗り越えてきたし、これらも乗り越えようとしています。ぼやぼやしていると、すぐにも、アマゾンに席巻されてしまいます。日本のメーカーやWebサイト運営業者も、ただ面白いとかものめずらしいというだけではなく、アマゾンや、Appleなどのように、熟慮されたビジネスプラットフォームを築いてから、事業に参入するなど、このあたりを見習い、日本独自のものを強く打ち出して欲しいですし、そうでなければ、生き残れないと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
[ 2011/10/21 10:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

中の人

ぼむぼむ3

Author:ぼむぼむ3
立ち上げ: 2011/6/27

ゲームやアニメ、ニコ動などの情報・また、巷で話題の情報も取り上げていきます

まだまだブログ初心者ですがよろしくです


ツイッターでもブログ更新情報確認できます!



http://twitter.com/bombomu



よろしければフォローなど御願いします!!

カレンダー(クリックでその日の記事)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
かうんたー
最新記事
CustomRssReader
スポンサード・リンク




便利ツール

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。